「1人株式会社社長日記」の記事一覧

10月のこと

1人株式会社社長日記

特に書くこともないのだが、生存報告ということでちょっとだけ。

10月は自分の周囲は騒がしかったが、自分自身は淡々と日常を過ごしていた。
転売に関しては元々の目標だった利益月30万円を達成した。ただ、運がよかった面もあったし、今月はその半分ほどだと思う。
安定して30万円以上を稼ぐのが今後の課題。

転売もやればやるだけ眼力が上がってくる。
「オレでなきゃ見逃しちゃうね」的なお宝商品を見つけたときは興奮して思わず手刀を振り回してしまう。
出荷作業はちょっと面倒に思うが、基本的にやってて苦にならないので自分には向いている。
地味ながら脱アフィリはうまくいきつつある。

それはいいのだが、肩コリがひどい。
起きてる時間の半分は痛みと戦っている。強烈に痛い。半年間ずっと痛い。著しく生活の質を下げている。整体に行ったり、鍼を打ったりしているが治らない。一生これが続くとすれば絶望しかない。



9月のこと

1人株式会社社長日記

9月は振り返るのも嫌になる。
ある日、子供を送った帰り、係争中の隣人(夫婦で)に待ち伏せされ、山ほど恨み言を聞かされた。
嫁がとにかくうるさいと。
子供も怯えている。こっちは気を使っているが、毎日が窮屈。警察からも用心するように言われている。
何千万した家でなんでこんな目にあわんといかんのか?

他にも、お前家族やったらなんとかせーよ?努力してんの?的な感じで激詰めされた。

平凡だが平和な家庭の幸せをうちが破壊した。

悲痛な叫びだった。

こちらにも言いたいことはないわけではないが、こういう場合、言い訳すると事態は更に悪くなることはわかっているので、ひたすら頭を下げ続けた。多分20分ぐらい。

自分がやったんじゃないのに、なんでこんな目に。いい歳して惨めすぎる。

あと、子供と公園で遊んでいるだけで、パトロール中の警官に声をかけられ、最近どう?みたいなことを言われた。
顔を名前覚えられてるし、すっかり街の要注意人物になっている感じだ。

先日も窓越しに嫁と隣のおじさんが口論していた。
警察も来たが、もう対応する気力がなかったので寝たふりしてた。

他にも色々あったが、もう思い出したくない…。



8月のこと

1人株式会社社長日記

先月警察が来て以来、少しおとなしくなっていた嫁だが、また復活。
再びやらかして、また隣人から通報されてしまった。
嫁はビビって警察対応を拒否。

たとえ周囲の理解を得られなくても、絶対に自分が正しいというなら、そこは逃げないで正々堂々主張してほしかった。
そのヘタレな姿勢に失望した。はっきり言って、人として超ダサい。

仕方ないので俺が代わりに警察に対応した。
警察は精神疾患を疑っていた。まあ、そうだわな。やってることが常軌を逸してるし。
でもまあ、すんませんといって引き取ってもらった。

警察が家の前にいる間は、ずっと家の中で息を潜めていた嫁だが、帰ってからはいつもの調子で超エラそう。全然反省してない。

嫁は隣人を激しく憎んでいる、恨んでいる、怒っている。はたで見ていて、おぞましいと思うぐらいに。顔が般若みたいになってるし、何かに取り憑かれてるんじゃないかとすら思う。

人を呪わば穴二つという。
嫁は一日中隣人が死ぬことを願っているそうな。
そして嫁は昼夜を問わず隣人に対し精神的ダメージを与えてるが、一方、怒り、憎しみ続ける嫁のストレスもまたすごいと思う。
これではいつか体か心を壊すと思う。長生きできるとは思えない。

ただ、もう俺には何もできない。
何を言っても激しく怒るだけなので、逆に事態を悪化させてしまうからだ。何もしないほうがまだましという状況。

嫁はある意味不幸だと思う。
持って生まれた資質は仕方ないにせよ、

親から愛されて育てられたら、違っていたかもしれない。
仲の良い兄弟がいれば、違ったかもしれない。
何でも話せる友人がいたら、違ったかもしれない。
間違ったことをしたら叱ってくれる先生や先輩がいたら、違ったかもしれない。
そして何より、事態を良い方向に持っていける有能で誠実な夫がいれば、違ったと思う。

俺にできるのは、1年半後に引っ越すことが決まっているので、それまで破滅的な結果にならないようにごまかし続けることだけだ。
それしかできん。

てか、俺も疲れた。俺自身が1年半もつやら。
早朝から家の壁をドツキ回しているから、睡眠が浅い。
仕事中もうるさいから集中できない。
口を開けば隣人への恨み言ばかりで萎える。
子供にも隣人の悪口を言わせるのもストレス。とても悲しい気持ちになる。

離婚して親権が嫁にいっちゃうと、娘が闇に飲まれるのは確実なので離婚はできない。

もう袋小路。耐えるしかない状況。
酒飲むときだけそのことを忘れられるのが救い。



7月のこと

1人株式会社社長日記

7月は家庭のトラブルにエネルギーをごっそり持っていかれた。。
詳しくは言わないけど、久々に警察が家にやってきた。
嫁は強気な態度を取り続けていたが、実は超ビビって、逃亡する準備をしていた。
今はとりあえず小康状態で、警察からの連絡もなくなった。嫁もすこしおとなしくなった。

しかし、嫁のせいでウチはご近所の鼻つまみ一家になってしまったようだ。
田舎じゃないし実害はないが、それでもちょっと居づらい。
引っ越したいが、もう疲れた。

嫁のせいでこれまで3回も引っ越しを余儀なくされた。
次は周囲に人が全くいない秘境にでも行くしかない。
本当に疲れたよ。。

仕事の調子はまあまあだが、肩こりが治らない。激烈痛い。



6月のこと

1人株式会社社長日記

5月に引き続き、6月も転売頑張った。
5月の粗利は15万円、6月は20万円程度だった。
月10万円に壁を感じていたが、奮起して一気に壁をぶち破った。
始めたのが昨年の3月頃だから、1年ちょっとでここまできた。
あともうひと踏ん張りで目標の月30万円に届く。
手法は確立した。この調子で取扱商品を増やしたら達成できるだろう。
アフィリの売上は残っているうちに、次の収入の柱を、と思っていたが、なんとか間に合いそうだ。

脱アフィリで次に何をするのか、と多くの同業者が悩むなか、自分は転売を選択した。
投資のような頭良さげな事業に移る人が多い中、自分でもいまさら地味な転売かよ、と思ったし、妻からも反対された。
しかし、アラフォーで特にスキルや能力のない自分からすれば転売しか心に思い浮かばなかった。
誇りを持って転売をしている人には申し訳ないと思うが、転売って他にできることがない社会不適合者が最後に頼る仕事だと個人的には思う。

数年前のアフィリエイトもそんな感じだったが、今は御存知の通りかなり高度なスキルに加え運がないとアフィリエイトでは稼げない。
しかし、転売ならまだ行ける。
アフィリより外部環境に左右されにくいし、なんとかアップデートとかもない。
アフィリはこの1年でかなり環境が厳しくなったが、転売はこの1年はほとんど環境変化がなかった。やったらやっただけ、スキルが上がったら上がっただけ売上が増える。これはこの数年グーグルにやられっぱなしだったアフィリエイターからすれば嬉しい。
アフィリのような爆発力はないけど、長く安定して稼げそうな気がする。
1年前、転売を選んだことは間違ってなかったと思っている。

妻がADHDであることを認めた

1年前ぐらいに妻は人格障害であることに自ら気づいた。

https://www.会社設立独力.net/archives/1302

ただ、それだけじゃないと俺は考えていた。

妻はじっとしていることが苦手である。
飯食ってる最中になぜが掃除をしだすとか、不可解な行動も多い。
計画性がなく、時間も守らない。
注意力がなく忘れ物も多い。
まあ、おそらくはADHD(注意欠陥/多動性障害)であろうと。
過去に本人にも言ったことがあるが、相手にされなかった。

しかし先日、詳しい経緯は知らないが、自分でADHDのテストをして、自分がもろにADHDに当てはまっていることに気づいたらしい。

ということで、人格障害につづき、ADHDであることも自ら認めることとなった。

まー、人格障害と違って、ADHDは悪いことばかりではない。
ある意味エネルギッシュだし、社会で成功する人やADHDだったと言われる歴史の偉人も少なくない(勝間和代さんや坂本龍馬なんか)。

でも、身近にADHDの人がいるって本当に大変。

すぐ物をなくすからそのたびごとに探すのを手伝わされる。

計画性なく、衝動的に大量の生鮮食品とか買ってくるから、こっちが気をつけないと腐らせてしまう。
結婚当初、消費期限を大幅に過ぎて緑色に変色した鶏肉を食べさせられそうになってから、食品の管理は妻には任せていない。

時間守らない。それを悪いことだと全く思っていない。人を待たせても反省しない。←本当に腹が立つ。

他にも例をあげればきりがないのだが、本当に一緒にいて疲れる。。

だから、なおせる部分はなおしてほしいと思っていたし、その第一歩が自分をADHDであることを認めることだと思う。
今後に期待している。

あと、妻は見えない敵と戦っていることも多く、統合失調症的な何かも持っていると思う。
そっちも認めてほしい。



5月のこと、8期目終了

1人株式会社社長日記

5月の売上は4月よりよかった。
でも、そんなことより200万円ほしいです。
5月は転売頑張りすぎて条件を満たしていない。そうか、がんばっちゃいけないのか。。

5月で会社は8期目終了。
今年も赤字だった。
そして、6月から9期目突入である。この先も超低空飛行のまま継続していきそうだ。
脳内株式総会を開催して役員報酬の据え置きを決定した。今年度も月9万円ちょっと。税金が安い。

さて、コロナ騒動も落ち着きつつあり、日常が戻ってきた。
この文章も再開した図書館で書いている。
自分の家が地雷原みたいなので、俺には図書館やネットカフェのような逃げ場が絶対に必要。
4月からは逃げ場がなくて本当に辛かった。5月中旬まで毎日地雷が爆発して瀕死だったが、最近は落ち着いてきた。
娘の幼稚園も再開して、昼は自由になった。

肩こりは治らなくて整形外科に行ったが、カス扱いされたため行くのをやめて、整体に通っている。
長年のPC作業により首が悪くなっているらしい。矯正には半年ぐらい通うことになるそうな。

昨日、幼稚園から帰ってきた娘がママと触れ合っていたが、突然、「ママ息が臭い」と言い出した。
しかし、ママの困惑した様子を見て空気を読んだのか、「やっぱり臭くないで」と前言をあっさり撤回した。

4歳児に気を使われてしまったママと、世の中には言ってはいけないことがあると悟った娘を見てニンマリしてしまった。



4月のこと、絶望しかない

1人株式会社社長日記

4月はほとんど良いことがなかった。
売上はコロナの影響を受けて予想より悪かった。バイトも一時中断になり、収入が減った。
外出機会が少なくなった嫁が荒れている。家の壁の凹みがまた増えた。
娘も毎日家にいるのがストレスなのか、暴力的な行為が増えた。
自分はというと、肩腕症候群というひどい肩こりになって、PC作業するのが非常に苦痛になっている。
医者にいって薬もらってきて飲んでる。背中には湿布も貼ってる。
それでも痛みは取れない。痛いだけでなく、手がしびれて、震える。まともに仕事ができない。この文章もかなり我慢して書いている。
泥酔状態になると、痛みはマシになるが、一日中飲むわけにはいかない。
夜しか飲まないが、痛みを消すため飲む量は増えた。なんか目ん玉が黄色い気がするが、肝臓が悪くなっているかもな。

自分にとって聖地といえる図書館とネットカフェが閉鎖されて、行き場がない。
正直、世の中の自粛祭りに対しては冷ややかに見ており、あまり従う気はないが、結果的に行くところがなく、ほとんど家にいる。

大体、図書館やネットカフェって、基本的に人は喋らないし、密集もしない。一体、何が危ないんだ?何でもかんでも一律に閉鎖するなよ。

自分はパチンコやらんけど、パチ屋もそんなに危険か?3密そろってんのか?実際にパチ屋でクラスターが発生したんか?
なんでもかんでも自粛って変だろ。
知事の勧告を無視って営業しているパチ屋なんか心情的には応援したいぐらいだわ。

どうやら緊急事態宣言は一ヶ月ほど延長になるようだが、絶望しかない。
そりゃ、このペースで感染者が減れば、いずれはコロナは収束するだろうさ。
しかし、そのとき自分は喜ぶ気になれないだろう。このデタラメな自粛騒動を振り返って白けていると思う。

4月もいいことなかったけど、5月も同じに違いない。
心と体が痛い状態が続くだろう。
絶望しかない。



3月のこと

1人株式会社社長日記

3月の売上は相変わらず悪かった。
3月の売上のコロナの影響はよくわからないが、昨日今日の売上がかなり悪いので4月は苦しくなるかもしれない。

嫁の状態はますます悪化している。
もう家にいたくない。家出したい。。

本来こういうときは図書館で仕事をするのだけど、今はコロナで閉館している。
図書館では皆喋らないし、人との距離も離れているから、それほど危険じゃないと思うし、早く開けてほしい。

開始2ヶ月ぐらいの新サイトはまだ売上発生なし。
PVは一日20ぐらい。発生まではまだまだ時間がかかりそうだ。

世の中も、自分自身も暗い3月だった。

4月はもっと暗くなりそうな予感がする。



2月のこと

1人株式会社社長日記

2月の売上は低水準であるが昨年同時期より良かった。

2月は嫁が荒れ狂った。

殴ったり蹴られたりした。血が出た。痣もできた。

スマホを床に叩きつけられ壊された。

愛用していたジャンパーもゴミに出された。

他にも色々壊された。

奴によれは、怒らせた人間のほうが悪いらしい。自分は被害者で悪くないらしい。

本当に氏んでほしい。

ただ、普通に考えれば、俺のほうが先に死ぬ。

直接殺されることはないかもしれないが、心労で遠からず心身が壊れるだろう。

本当に別れたい。逃げたい。

しかし、娘を人質に取られているようなものなので逃げるわけにはいかない。

はー、定期的に同じこと言ってるな。。
なのでこれ以上は言うまい。

さて、しばらくアフィリから遠ざかっていたが、1年以上ぶりに新サイトを作っている。

気持ちは折れてしまっていたが、時間がある程度癒やしてくれたみたいだ。
全盛期ほどではないが、やる気は半分程度戻っている。

開始して1ヶ月ぐらい、アクセスはSNS経由で一日1~3PVぐらいはある。

静かなスタートだが、0じゃないなら希望は見える。

初心に帰って、1PVを大切にしていこうと思う。



1月のこと、善意は悪意よりタチが悪い

1人株式会社社長日記

例年通り、年末年始は売り上げが悪かったため、1月の売り上げは悪かったが、一時的なもので2月は回復すると思われる。

嫁が勝手にワシの名前で投資セミナーに申し込んだ。嫁は外出しているが、さっきラインがきた。
以前にはっきり断ったはずだが、強行策に出てきた。

いたずらではなく、本気で善意でやっている。

おそらく、99.9%の人が興味を持たないようなマニアックな内容のセミナーである。
無料ではあるが、そんなセミナー全く興味がないし、たとえ行ったとしても話を聞くつもりはない。時間と労力の浪費でしかない。
しかも、時間が夜で、夫婦で行くなら子供を託児所へ預けなくてはいけない。
子供を託児所に預けてまで投資セミナーに行く夫婦って、鳥肌が立つほど気持ち悪い。

しかし、嫁はハマっている。
自分がハマってるから、他人もハマると思っている。
だから、勝手に申し込むのは正しい行いということになるのだろう。

これって、宗教と同じだよね。

友人同士なら友情が壊れるし、夫婦なら離婚案件だと思う。

世の中にはいろんな価値観を持つ人たちがいて、自分にとって正しいことでも、他人にとっては正しくない、ということは普通にある。大人なら当然わきまえているはずの常識であるが、多分、それを言っても嫁は分からないと思う。本気で信じているから。

反論しても聞く耳をもつまい。きっとお前が間違っていると大声で恫喝してくるはずだ。

うんざりだよ。

最近おとなしかったのに、また人の足を引っ張ることをやりだす。
こいつは一体どれだけ迷惑かければ気が済むんだ。

悪意がないから、反省もない。きっと同じことを繰り返す。

怒りと徒労感で今日はやる気が出ない。



ページの先頭へ