「1人株式会社社長日記」の記事一覧

3月のこと

1人株式会社社長日記

3月の売上は相変わらず悪かった。
3月の売上のコロナの影響はよくわからないが、昨日今日の売上がかなり悪いので4月は苦しくなるかもしれない。

嫁の状態はますます悪化している。
もう家にいたくない。家出したい。。

本来こういうときは図書館で仕事をするのだけど、今はコロナで閉館している。
図書館では皆喋らないし、人との距離も離れているから、それほど危険じゃないと思うし、早く開けてほしい。

開始2ヶ月ぐらいの新サイトはまだ売上発生なし。
PVは一日20ぐらい。発生まではまだまだ時間がかかりそうだ。

世の中も、自分自身も暗い3月だった。

4月はもっと暗くなりそうな予感がする。



2月のこと

1人株式会社社長日記

2月の売上は低水準であるが昨年同時期より良かった。

2月は嫁が荒れ狂った。

殴ったり蹴られたりした。血が出た。痣もできた。

スマホを床に叩きつけられ壊された。

愛用していたジャンパーもゴミに出された。

他にも色々壊された。

奴によれは、怒らせた人間のほうが悪いらしい。自分は被害者で悪くないらしい。

本当に氏んでほしい。

ただ、普通に考えれば、俺のほうが先に死ぬ。

直接殺されることはないかもしれないが、心労で遠からず心身が壊れるだろう。

本当に別れたい。逃げたい。

しかし、娘を人質に取られているようなものなので逃げるわけにはいかない。

はー、定期的に同じこと言ってるな。。
なのでこれ以上は言うまい。

さて、しばらくアフィリから遠ざかっていたが、1年以上ぶりに新サイトを作っている。

気持ちは折れてしまっていたが、時間がある程度癒やしてくれたみたいだ。
全盛期ほどではないが、やる気は半分程度戻っている。

開始して1ヶ月ぐらい、アクセスはSNS経由で一日1~3PVぐらいはある。

静かなスタートだが、0じゃないなら希望は見える。

初心に帰って、1PVを大切にしていこうと思う。



1月のこと、善意は悪意よりタチが悪い

1人株式会社社長日記

例年通り、年末年始は売り上げが悪かったため、1月の売り上げは悪かったが、一時的なもので2月は回復すると思われる。

嫁が勝手にワシの名前で投資セミナーに申し込んだ。嫁は外出しているが、さっきラインがきた。
以前にはっきり断ったはずだが、強行策に出てきた。

いたずらではなく、本気で善意でやっている。

おそらく、99.9%の人が興味を持たないようなマニアックな内容のセミナーである。
無料ではあるが、そんなセミナー全く興味がないし、たとえ行ったとしても話を聞くつもりはない。時間と労力の浪費でしかない。
しかも、時間が夜で、夫婦で行くなら子供を託児所へ預けなくてはいけない。
子供を託児所に預けてまで投資セミナーに行く夫婦って、鳥肌が立つほど気持ち悪い。

しかし、嫁はハマっている。
自分がハマってるから、他人もハマると思っている。
だから、勝手に申し込むのは正しい行いということになるのだろう。

これって、宗教と同じだよね。

友人同士なら友情が壊れるし、夫婦なら離婚案件だと思う。

世の中にはいろんな価値観を持つ人たちがいて、自分にとって正しいことでも、他人にとっては正しくない、ということは普通にある。大人なら当然わきまえているはずの常識であるが、多分、それを言っても嫁は分からないと思う。本気で信じているから。

反論しても聞く耳をもつまい。きっとお前が間違っていると大声で恫喝してくるはずだ。

うんざりだよ。

最近おとなしかったのに、また人の足を引っ張ることをやりだす。
こいつは一体どれだけ迷惑かければ気が済むんだ。

悪意がないから、反省もない。きっと同じことを繰り返す。

怒りと徒労感で今日はやる気が出ない。



12月のこと、つらい年末年始

1人株式会社社長日記

12月の売り上げは11月に比べ微増。
12月中旬まで比較的順調だったが、20日頃にトラブル発生。
それから半狂乱で解決に取り組んだ。
そして、今朝ようやく解決。
つらい年末年始だった。感慨に浸る心の余裕もなかった。

娘も冬休みで、子守しながら仕事するのは本当に大変。
いつもなら寝かしつけしたあとは、酒飲んでのんびりするのだが、今は貴重な仕事タイムになっている。
当然、正月もない。飯もいつも通り。

思えば、2019年はアフィリエイト1年目の次ぐらいに仕事頑張った年だった。
ただ、あの時は希望に向かって走っていたが、今は恐怖から逃げるように走っている。
夢なんかない。頭の中はどうやって生活費を稼いでいくかでいっぱい。

早く娘の冬休みが終わって欲しい。
全力が出せない。
もっとやりたい。作業はたまっているし、新しいアイデアもある。
動機は綺麗なものではないが、今は戦闘モードになってる。多分、アドレナリンいっぱい出てる。
2020年もこの勢いで乗り切りたい。



11月のこと

1人株式会社社長日記

売り上げは先月に比べると微減。しかし、想定内。
小さなトラブルはいくつかあったが、11月は比較的平穏だった。だからそれほど書くこともない。

そういえば、バイト先のそれほど自分と年が違わない同僚が病気で急死した。
3週間前に会ったときにはピンピンしていたので驚いた。
それほど親しい間柄でもなかったが、もう会えないのかと思うと、今更ながら寂しくなる。
人って突然死ぬこともあるのだね。当たり前だけど、久々に実感した。



10月のこと

1人株式会社社長日記

10月は平穏だった。
売り上げは微減だが、年初の予想よりはマシ。

アドセンス収入が8年ぶりに1万円を下回った。もうサイトは作ってないしほとんどメンテもしてないので下がるのは仕方ない。
ただ、月50万円を超えた時もあったことを思うと、侘しい気持ちになる。
ここまでダメになったのは自分の無能さと心の弱さが原因であるが、個人サイトを冷遇するグーグルにも文句を言いたいところである。

10月は平穏だったのでこれ以上書くことはない。
今月の更新はスルーしようかと思ったが、生存確認のため一応書いてみた。

嫁が知人男性からストーカーにあっていると言うが、本当だろうか。

9月のこと、娘が調子に乗ってママに恫喝される

1人株式会社社長日記

9月はまたまたグーグル検索エンジンのアップデートがあった。
多くのアフィリエイターが被害を被ったようだ。

俺?
まあ、低見の見物ですわ。。

2017年末の健康アップデート以来、アフィリエイターに致命傷を与えるアップデートは何回もあった。
それを全部凌いで、現在SEOアフィリで生き残っている人は本当に凄いと思う。
身近でもアフィリでまともに稼いでいる人はかなり減っている。

景気の良かった2016年頃まで、俺はよくアフィリ飲み会に行っていたが、あの頃出会った人たちは今も生き残っているのだろうか?
大ダメージをくらった健康アップデート以来、あまり人前にでなくなったが、そろそろ穴から出て、以前出会った人に声をかけて久々に飲み会とかやろうと思っている。
てか、本名知らんし、ツイッターのアカウントも消えている人も多いので連絡つくか分からんが、ぼちぼちプランを練ろうと思う。

娘が調子に乗ってママに恫喝される

娘が4歳になった。
俺は娘には甘いし、毎日お世話も遊び相手もしているので娘はパパに非常に懐いている。

それだけなら微笑ましい父子なのだが、娘がパパの一番になりたいらしく、ママを馬鹿にするようになってきた。
「パパと私が一番かわいい。ママは三番!」
とか本人の前で言う。
他にもママの方を向かって、腕で×をして、自分のパパを指さして腕で○をしたり、ママを挑発するようなことを好んでやるようになってきた。

先日、ママが娘をおでかけに誘ったが、娘が馬鹿にしたようにそれを拒絶したらママがブチ切れた。

4歳の娘に向かって、汚い言葉も織り交ぜながら怒鳴り散らした。
正直、娘の態度も良くなかったと思うが、子供相手に感情的にマジギレする嫁を見苦しい思った。
なので、パパは娘の味方をしてママに言い返した。

パパの応援もあり、娘もはじめは抵抗していたが、やはりかなわず、号泣。最終的にママに恫喝されて謝罪させられていた。。

その日はおとなしかったが、翌日からまた同じように、パパの一番は私アピールをママに繰り返していた。それでまたママは機嫌悪くなるし。
なんか、女って面倒くさいと思った。
これから娘が大きくなるにつれ、争いは激化するはず。うんざりする。



8月のこと、奇跡!嫁が人格障害を自ら認める!

1人株式会社社長日記

今現在、俺の収入はアフィリ、転売、肉体労働バイトの3本柱であるが、全部合わせれば一家3人で何とか生活できるぐらいの収入になる。
アフィリは先月よりダウンだが、それでもこの3年間の中ではましな方。
転売はまたもや基地街を相手にしてしまい、モチベーションダウン。相手の勝手な言い分に激怒して裁判までやってやろうかと思っていたが、数日考えて割に合わないからやめた。
転売はアフィリ以上にストレスがかかるかもしれない。しかし、収益的にはアフィリより安定しているので今後も続けるつもりである。
肉体労働バイトは自分より20歳も若い奴と一緒に働いたりするので大変だが、行けば必ず金になるのであと5年は続けたい。

まあ、その話はいい。
8月はとてもいいことがあった。

嫁が自ら人格障害であることを認めた!

最近出会った人がかなり不快な人だったらしく、病的にすら思えたから色々ネットで調べていたんだとか。
調べてみるなかで、世の中には人格障害という精神障害?があることを知る。
その不快な奴がそれに当てはまるんじゃないかと思うのと同時に、「あれ?自分も境界性人格障害ってやつに当てはまるんじゃね??」と気づいたそうな。

以下9項目のうち5つ以上を満たせば境界性人格障害に診断されるそうな。

1.現実に、または想像の中で見捨てられることを避けようとする気も狂わんばかりの努力(注:5.の自殺行為または自傷行為は含めないこと)
2.理想化と脱価値化との両極端を揺れ動くことによって特徴づけられる不安定で激しい対人関係様式
3.同一性障害:著明で持続的な不安定な自己像や自己観
4.自己を傷つける可能性のある衝動性で、少なくとも2つの領域にわたるもの(例:浪費、性行為、物質濫用、無謀な運転、むちゃ食い)
5.自殺の行為、そぶり、脅し、または自傷行為のくり返し
6.顕著な気分反応性による感情不安定性(例:通常は2 – 3時間持続し、2 – 3日以上持続することはまれな強い気分変調、いらいら、または不安)
7.慢性的な空虚感
8.不適切で激しい怒り、または怒りの制御の困難(例:しばしばかんしゃくを起こす、いつも怒っている、取っ組み合いのけんかをくり返す)
9.一過性のストレス関連性の妄想様観念、または重篤な解離性症状
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A2%83%E7%95%8C%E6%80%A7%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E9%9A%9C%E5%AE%B3

俺が見る限り、嫁は9個中7個程度当てはまっている。まず間違いないと思う。
しかし、重要なのは病名が分かったことではなく、嫁が自ら自分がどこかおかしいと認めたことにある。

これまで対人関係で不都合なことが起きると、必ず相手のせいにし、自分は正常、相手が基地街とわめいていた嫁。
端から見て、絶対に嫁がおかしいと思っていたし、それを直接指摘したことも何度かあったが、本人は絶対に認めなかった。
逆に俺が基地街認定された。
それならば、二人でメンタルクリニックへ行こう、二人で診断を受けようと誘ったこともあった。
それでも自分は絶対正常と言い張って、行かなかった。
だからもう、ほとんど諦めていた。

そんな嫁が自ら自分がおかしいことに気がつくなんて思わなかった。
嫁が「私って人格障害かもしれない。。」と言い出した時には耳を疑った。衝撃だった。

そのきっかけを与えたのは嫁が言う「不快な人」。

俺が数年かけてできなかったことを、あんたは1発でそれを成し遂げてしまった。
不快なものか、気分爽快だよ!
嫁を導き、俺を救った神の使徒だよ!
まさに奇跡!圧倒的感謝っ!!

ところで、人格障害にははっきりとした治療法はないとされる。
けど、本人に病識があるのとないのでは、行動や周りに対する認識は全然変わってくると思う。

実際、最近嫁がキレる頻度は少なくなっているし、やっぱり自覚しているとある程度症状を抑えることができるのではと思う。

あと、嫁にはADHDやアスペっぽいところもあるので、そこも自覚してくれると嬉しいなあ、と思ったりしている(実際、人格障害と発達障害は併発している人も多いそうな)。

ということで、数年にわたる嫁問題は思わぬ形で大きく前進したのだった。

7月のこと、3期連続赤字

1人株式会社社長日記

6月の転売利益は7万円ほど。
作業時間は短かったが、効率よくできたので時給2千円ぐらいにはなっていると思う。

7月は久々に平和だった。
仕事では大きなトラブルはなかった。
辞めたはずのアフィリの売り上げも少し戻した。
悩みの種である嫁も比較的おとなしかった。

ということで、あまり書くこともないのだが、このブログは一人株式会社社長ブログなので、我が社の業績もたまには書いておこうと思う。
我が社は5月末締め決算、先日7期目が終了した。

3期連続赤字だった…。
7期に関しては、累積赤字も貯まってきたので黒字化すべく役員報酬を思いっきり下げたわけだが、売り上げが想定を遙かに下回ったためそれでも赤字になった。
売り上げはなんと1期目を下回って、過去最低を記録した。もう末期的である。

今期、8期目に関してはどうなるかまだ分からないが、とりあえず一人株式総会で役員報酬の据え置きを決めた。
なんとか黒字化したいと思っているが、どうなることやら。



6月のこと、嫁が子供を連れてなぜか俺の実家へ…

1人株式会社社長日記

6月の転売利益は6万円ほど。
6月はプライベートでごたついて、気力が減退していた。

今朝も離婚を巡って嫁がキレて、娘を幼稚園へ送り出したあと、なぜか俺の実家へ行ってしまった。
(通常ならこういう場合には自分の実家へ行くところだろうが、嫁は自分の親とは断絶していて帰れる実家がない)

口論になるから詳しい理由は聞かなかったが、俺の父と姉に、俺の悪口を言いたかったのだろう。
面倒なことになったと思ったが、そのまま家にいたら家の物を壊したりするだろうから、とりあえずいなくなってほっとしたのも事実だ。

夕方になって嫁から今日は帰らないとラインが来た。
それはいいけど、娘は?お迎えに行って一緒にいるはずだが?

探りを入れるため、姉に電話したら、今日は嫁と娘は実家に泊まるそうな。
いいけど(姉もいいと言ってるけど)、敵である俺の親族を頼るか?普通?

姉によれば、嫁も娘も今は機嫌良くしているそうな。姉がうまくやってくれたみたいだ。

とりあえず、今日はこれ以上何もなく終わりそうだが、結局は危機の先延ばしでしかなく、明日以降再び修羅場になることは目に見えている。
今日はもう、この記事を書き終わったら酒を飲むつもりだ。。

離婚については争点は親権問題に絞られている。以前と違い、嫁はもう金は要らないと言っていた。

俺は娘のことが大好きではあるが、何が何でも親権が欲しいわけではない。
自分より上手く育ててくれそうなら、喜んで親権を譲るつもりだ。

嫁一人で娘を育てることは不可能じゃないと思うが、支配的ですぐにキレる母親と二人きりとか嫌すぎるだろう。
俺は俺で、ものぐさで適当なところは欠点といえば欠点だが、それでも子供からすれば俺といた方がまだましだろうと思っている。

実際、娘は母より父に懐いている。何かあったら必ずパパを頼る。暇になったら必ずパパのところに来る。パパがトイレにいくにもついてきてドアを閉めると怒る。
これが逆なら嫁に親権を渡してもいいが、現状では娘のことを思うと親権は渡せない。

とはいえ、娘はまだ3歳。
父と母、どちらについていくか決めるには幼すぎる。
もっと大きくなって、自分で判断できるなら、たとえ母を選んでも俺は文句を言う気は一切ない。
ただ、それにはあと数年かかるだろう。

嫁は再婚を見据えると、数年も待てないと言っている。
その気持ちは分からんでもない。
だからといって、俺が譲歩する理由は一つもない。正直、もう敵同士なのだから相手の利になることはするつもりがない。

こっちは数年待つつもりでいるが、待てないのなら今すぐ法的な手段に訴えるべきだろう。
これは何度も本人に言っているが、嫁は「お前が親権を譲るといえば全て解決、弁護士なんかに相談する必要はない」と言い張る。

何甘えてんだろう?敵なのに何の条件もなしに相手が譲歩するとでも思っているのか?それとも裁判なり調停になれば自分が負けると思っているのだろうか?
そうやって非生産的で前に進まないやりとりを続けているうちに数年経ってしまうよ。俺は困らないけど、そろそろ目を覚ました方がいい。

離婚って本当に面倒くさいね。
小さい子供なんかいるともう無理だわ、と思う。

とりあえず、今日は酔い潰れるまで飲むわ。
そして難しいことはまた明日考えよう。
明日にゃ明日の風が吹く。
気持ちの切り替えには酒が一番だ。



ページの先頭へ