「1人株式会社社長日記」の記事一覧

9月のこと、娘が調子に乗ってママに恫喝される

1人株式会社社長日記

9月はまたまたグーグル検索エンジンのアップデートがあった。
多くのアフィリエイターが被害を被ったようだ。

俺?
まあ、低見の見物ですわ。。

2017年末の健康アップデート以来、アフィリエイターに致命傷を与えるアップデートは何回もあった。
それを全部凌いで、現在SEOアフィリで生き残っている人は本当に凄いと思う。
身近でもアフィリでまともに稼いでいる人はかなり減っている。

景気の良かった2016年頃まで、俺はよくアフィリ飲み会に行っていたが、あの頃出会った人たちは今も生き残っているのだろうか?
大ダメージをくらった健康アップデート以来、あまり人前にでなくなったが、そろそろ穴から出て、以前出会った人に声をかけて久々に飲み会とかやろうと思っている。
てか、本名知らんし、ツイッターのアカウントも消えている人も多いので連絡つくか分からんが、ぼちぼちプランを練ろうと思う。

娘が調子に乗ってママに恫喝される

娘が4歳になった。
俺は娘には甘いし、毎日お世話も遊び相手もしているので娘はパパに非常に懐いている。

それだけなら微笑ましい父子なのだが、娘がパパの一番になりたいらしく、ママを馬鹿にするようになってきた。
「パパと私が一番かわいい。ママは三番!」
とか本人の前で言う。
他にもママの方を向かって、腕で×をして、自分のパパを指さして腕で○をしたり、ママを挑発するようなことを好んでやるようになってきた。

先日、ママが娘をおでかけに誘ったが、娘が馬鹿にしたようにそれを拒絶したらママがブチ切れた。

4歳の娘に向かって、汚い言葉も織り交ぜながら怒鳴り散らした。
正直、娘の態度も良くなかったと思うが、子供相手に感情的にマジギレする嫁を見苦しい思った。
なので、パパは娘の味方をしてママに言い返した。

パパの応援もあり、娘もはじめは抵抗していたが、やはりかなわず、号泣。最終的にママに恫喝されて謝罪させられていた。。

その日はおとなしかったが、翌日からまた同じように、パパの一番は私アピールをママに繰り返していた。それでまたママは機嫌悪くなるし。
なんか、女って面倒くさいと思った。
これから娘が大きくなるにつれ、争いは激化するはず。うんざりする。



8月のこと、奇跡!嫁が人格障害を自ら認める!

1人株式会社社長日記

今現在、俺の収入はアフィリ、転売、肉体労働バイトの3本柱であるが、全部合わせれば一家3人で何とか生活できるぐらいの収入になる。
アフィリは先月よりダウンだが、それでもこの3年間の中ではましな方。
転売はまたもや基地街を相手にしてしまい、モチベーションダウン。相手の勝手な言い分に激怒して裁判までやってやろうかと思っていたが、数日考えて割に合わないからやめた。
転売はアフィリ以上にストレスがかかるかもしれない。しかし、収益的にはアフィリより安定しているので今後も続けるつもりである。
肉体労働バイトは自分より20歳も若い奴と一緒に働いたりするので大変だが、行けば必ず金になるのであと5年は続けたい。

まあ、その話はいい。
8月はとてもいいことがあった。

嫁が自ら人格障害であることを認めた!

最近出会った人がかなり不快な人だったらしく、病的にすら思えたから色々ネットで調べていたんだとか。
調べてみるなかで、世の中には人格障害という精神障害?があることを知る。
その不快な奴がそれに当てはまるんじゃないかと思うのと同時に、「あれ?自分も境界性人格障害ってやつに当てはまるんじゃね??」と気づいたそうな。

以下9項目のうち5つ以上を満たせば境界性人格障害に診断されるそうな。

1.現実に、または想像の中で見捨てられることを避けようとする気も狂わんばかりの努力(注:5.の自殺行為または自傷行為は含めないこと)
2.理想化と脱価値化との両極端を揺れ動くことによって特徴づけられる不安定で激しい対人関係様式
3.同一性障害:著明で持続的な不安定な自己像や自己観
4.自己を傷つける可能性のある衝動性で、少なくとも2つの領域にわたるもの(例:浪費、性行為、物質濫用、無謀な運転、むちゃ食い)
5.自殺の行為、そぶり、脅し、または自傷行為のくり返し
6.顕著な気分反応性による感情不安定性(例:通常は2 – 3時間持続し、2 – 3日以上持続することはまれな強い気分変調、いらいら、または不安)
7.慢性的な空虚感
8.不適切で激しい怒り、または怒りの制御の困難(例:しばしばかんしゃくを起こす、いつも怒っている、取っ組み合いのけんかをくり返す)
9.一過性のストレス関連性の妄想様観念、または重篤な解離性症状
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A2%83%E7%95%8C%E6%80%A7%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E9%9A%9C%E5%AE%B3

俺が見る限り、嫁は9個中7個程度当てはまっている。まず間違いないと思う。
しかし、重要なのは病名が分かったことではなく、嫁が自ら自分がどこかおかしいと認めたことにある。

これまで対人関係で不都合なことが起きると、必ず相手のせいにし、自分は正常、相手が基地街とわめいていた嫁。
端から見て、絶対に嫁がおかしいと思っていたし、それを直接指摘したことも何度かあったが、本人は絶対に認めなかった。
逆に俺が基地街認定された。
それならば、二人でメンタルクリニックへ行こう、二人で診断を受けようと誘ったこともあった。
それでも自分は絶対正常と言い張って、行かなかった。
だからもう、ほとんど諦めていた。

そんな嫁が自ら自分がおかしいことに気がつくなんて思わなかった。
嫁が「私って人格障害かもしれない。。」と言い出した時には耳を疑った。衝撃だった。

そのきっかけを与えたのは嫁が言う「不快な人」。

俺が数年かけてできなかったことを、あんたは1発でそれを成し遂げてしまった。
不快なものか、気分爽快だよ!
嫁を導き、俺を救った神の使徒だよ!
まさに奇跡!圧倒的感謝っ!!

ところで、人格障害にははっきりとした治療法はないとされる。
けど、本人に病識があるのとないのでは、行動や周りに対する認識は全然変わってくると思う。

実際、最近嫁がキレる頻度は少なくなっているし、やっぱり自覚しているとある程度症状を抑えることができるのではと思う。

あと、嫁にはADHDやアスペっぽいところもあるので、そこも自覚してくれると嬉しいなあ、と思ったりしている(実際、人格障害と発達障害は併発している人も多いそうな)。

ということで、数年にわたる嫁問題は思わぬ形で大きく前進したのだった。

7月のこと、3期連続赤字

1人株式会社社長日記

6月の転売利益は7万円ほど。
作業時間は短かったが、効率よくできたので時給2千円ぐらいにはなっていると思う。

7月は久々に平和だった。
仕事では大きなトラブルはなかった。
辞めたはずのアフィリの売り上げも少し戻した。
悩みの種である嫁も比較的おとなしかった。

ということで、あまり書くこともないのだが、このブログは一人株式会社社長ブログなので、我が社の業績もたまには書いておこうと思う。
我が社は5月末締め決算、先日7期目が終了した。

3期連続赤字だった…。
7期に関しては、累積赤字も貯まってきたので黒字化すべく役員報酬を思いっきり下げたわけだが、売り上げが想定を遙かに下回ったためそれでも赤字になった。
売り上げはなんと1期目を下回って、過去最低を記録した。もう末期的である。

今期、8期目に関してはどうなるかまだ分からないが、とりあえず一人株式総会で役員報酬の据え置きを決めた。
なんとか黒字化したいと思っているが、どうなることやら。



6月のこと、嫁が子供を連れてなぜか俺の実家へ…

1人株式会社社長日記

6月の転売利益は6万円ほど。
6月はプライベートでごたついて、気力が減退していた。

今朝も離婚を巡って嫁がキレて、娘を幼稚園へ送り出したあと、なぜか俺の実家へ行ってしまった。
(通常ならこういう場合には自分の実家へ行くところだろうが、嫁は自分の親とは断絶していて帰れる実家がない)

口論になるから詳しい理由は聞かなかったが、俺の父と姉に、俺の悪口を言いたかったのだろう。
面倒なことになったと思ったが、そのまま家にいたら家の物を壊したりするだろうから、とりあえずいなくなってほっとしたのも事実だ。

夕方になって嫁から今日は帰らないとラインが来た。
それはいいけど、娘は?お迎えに行って一緒にいるはずだが?

探りを入れるため、姉に電話したら、今日は嫁と娘は実家に泊まるそうな。
いいけど(姉もいいと言ってるけど)、敵である俺の親族を頼るか?普通?

姉によれば、嫁も娘も今は機嫌良くしているそうな。姉がうまくやってくれたみたいだ。

とりあえず、今日はこれ以上何もなく終わりそうだが、結局は危機の先延ばしでしかなく、明日以降再び修羅場になることは目に見えている。
今日はもう、この記事を書き終わったら酒を飲むつもりだ。。

離婚については争点は親権問題に絞られている。以前と違い、嫁はもう金は要らないと言っていた。

俺は娘のことが大好きではあるが、何が何でも親権が欲しいわけではない。
自分より上手く育ててくれそうなら、喜んで親権を譲るつもりだ。

嫁一人で娘を育てることは不可能じゃないと思うが、支配的ですぐにキレる母親と二人きりとか嫌すぎるだろう。
俺は俺で、ものぐさで適当なところは欠点といえば欠点だが、それでも子供からすれば俺といた方がまだましだろうと思っている。

実際、娘は母より父に懐いている。何かあったら必ずパパを頼る。暇になったら必ずパパのところに来る。パパがトイレにいくにもついてきてドアを閉めると怒る。
これが逆なら嫁に親権を渡してもいいが、現状では娘のことを思うと親権は渡せない。

とはいえ、娘はまだ3歳。
父と母、どちらについていくか決めるには幼すぎる。
もっと大きくなって、自分で判断できるなら、たとえ母を選んでも俺は文句を言う気は一切ない。
ただ、それにはあと数年かかるだろう。

嫁は再婚を見据えると、数年も待てないと言っている。
その気持ちは分からんでもない。
だからといって、俺が譲歩する理由は一つもない。正直、もう敵同士なのだから相手の利になることはするつもりがない。

こっちは数年待つつもりでいるが、待てないのなら今すぐ法的な手段に訴えるべきだろう。
これは何度も本人に言っているが、嫁は「お前が親権を譲るといえば全て解決、弁護士なんかに相談する必要はない」と言い張る。

何甘えてんだろう?敵なのに何の条件もなしに相手が譲歩するとでも思っているのか?それとも裁判なり調停になれば自分が負けると思っているのだろうか?
そうやって非生産的で前に進まないやりとりを続けているうちに数年経ってしまうよ。俺は困らないけど、そろそろ目を覚ました方がいい。

離婚って本当に面倒くさいね。
小さい子供なんかいるともう無理だわ、と思う。

とりあえず、今日は酔い潰れるまで飲むわ。
そして難しいことはまた明日考えよう。
明日にゃ明日の風が吹く。
気持ちの切り替えには酒が一番だ。



5月のこと、やっぱり離婚したい

1人株式会社社長日記

転売はトラブルがあって、利益は2万円ほど。いきなり大幅減。
転売やってない人は流し読みして欲しいが、アマゾン倉庫までの送料を節約しようとおもってサマリーポケットを利用したら、規約違反で速攻アカウント停止。
着払いで荷物は送り返されるそうだが、3週間経っても戻ってこない。問い合わせメールを送っても待ってくれとだけ帰ってきた。
ということで、転売ヤーのみんな、送料をケチってサマリーポケットを利用しちゃ駄目だぞ。

はあ、それにしても離婚したい。
大切にしていたスニーカーを駅のゴミ箱にすてた基地街とは一緒に住めないよ。
翌日には何事もなかったように接してくるのもムカつく。サイコパスか?
本当に顔を見るのも嫌なので、家の中でも避けているが、どういうわけか向こうから近づいてくる。ストレスで人を殺したいのだろうか?
あいつと一緒にいると寿命が縮まっていく実感がある。
あと、なぜか人のことをヒモ扱いしてくる。こっちは金を渡しているが足りないとわめき立てる。ヒモはお前の方だろうと思うが、訳が分からない。というか狂人に理屈は通じないということか。
狂人というと言葉が悪いが、あいつには確実に発達障害がある。もう、何度も病院へ行ってほしいと懇願してほしいが、絶対に行かない。
不幸なことに、あいつを説得できる人間がこの世に一人もいない。誰の話も聞かない。友人はいないし、親とも断絶状態。夫のことは舐めてる。
自分は正常で、周囲がおかしいと思っている。友人がいないから、世間とのズレもわからない。
生まれ持った気質に加え、後天的な要素が相まって、このような誰も制御できないモンスターが生まれてしまった。
そして、その後始末が俺に回ってきている状態。
最近、元事務次官の人が息子を刺し殺したことがニュースになっている。やっちゃいけないことなのだろうが、それでも刺したほうに同情する。
話が通じないモンスターを他にどうしろというのか。ある意味仕方なかったんじゃないだろうか。
ただ、俺があいつを刺してしまうと子供の世話をする人がいなくなるので困る。
むしろ、死なない程度に俺を刺してくれないかな。そしたら刑務所か精神病院に行ってくれるし、離婚も出来るだろう。
とにかく、無傷でモンスターを始末するのは無理。
どこかで血を見るしかない。



4月のこと、月5万円で順調?

1人株式会社社長日記

4月の転売の利益は5万円ぐらい。
利益=売れた価格ー仕入れ値ー経費
としているが、今後返品があったりするかもしれないので減る可能性はある。

転売開始2ヶ月目で利益5万円というのは、専業の転売屋として速いのか遅いのか分からないが、大体自分の予想通りである。まあ、順調だと思っている。
初めは試行錯誤の連続だったが、最近では慣れてきて、仕入れも値付けも梱包もスムーズにできるようになった。

ただ、中古品をメインで扱っているため、仕入れで不良品を掴まされることがある。その処理は本当に面倒だし、心理的負担が大きい。

今も1件揉めていてツラい。
相手は絶対自分の非を認めない感じの人なのでうんざりしている。
いかに相手を怒らせず、こちらの言い分を納得してもらうか、頭を絞って文章を考え、何度も推敲し、確認してから送信しているが、その時間と労力がとても惜しい。
額が小さいので、もう諦めて取引を完了させようとも思うが、クレームをつけるのも転売屋として必須のスキルと思い、修行を思って対応している。

そういうしんどいこともあるが、基本的に転売の仕事は楽しく、やってて苦にならない。子守の時間以外はほぼ転売の作業をしているか、考えを練っている。夢の中でも転売をやっている時もある。寝ても覚めても転売。まるでアフィリを始めた頃のような情熱である。

今後であるが、5月は10連休のせいで仕入れがままならず、それほど利益は伸びないはずだが、6月には10万円を超えると思う。
(てか、10連休にはいろんな意味で怒りしかない。誰だよ、こんな馬鹿なこと考えて実行した奴は!)

ただ、今のやり方(というか取り扱っている商品)だと10万円ちょっとで頭打ちになると思われ、また新たなやり方を模索することになるだろう。
目標は月30万円だが、ちょっとまだ遠い目標だと思っている。

いや、1日16時間ぐらい片時も目を離さずメルカリをチェックしてお宝商品をゲットできれば、月30万円ぐらいいくと思う。
案外それは難しくて、ちょっとトイレなんかに行っている間に、お宝商品が出品され、そして即売れして悔しい思いを何度もしている。本当に一瞬たりとも気を抜いてはいけないし、精神的にしんどい。
でも、他のアイデアが上手くいかなかったら、最後はそれしかないと思っている。

一応、アフィリのことも書いておくと、売り上げは季節要因で先月より伸びている(春夏に売り上げが多い商品を取り扱っているから)。
転売の利益5万円で順調とか余裕ぶっこいていられるのは、アフィリの売り上げがあるからこそ。
転売をやっていると、ほぼ何もしないで金が入ってくるアフィリの良さを再確認させられる。
ただ、アフィリの売り上げも作業しないと徐々に減っていくし、やはり年内に転売で月30万円は達成したいところだ。



3月のこと、さよならアフィリエイト、こんにちは転売

1人株式会社社長日記

3月の売り上げは2月に比べると2割ほど増えた。季節要因だ。
でもそんなことはどうでもいい。

さよならアフィリエイト

もうアフィリエイトは辞めた。
2010年10月から始めたアフィリエイトであるが、2019年2月で辞めた。
9年もやれば十分、もう満足した。
2012年初めから、7年ぐらいはアフィリ一本で生活ができた。
あくまで自己評価だが、俺はアフィリエイトで成功したと思う。
人並みに生活できたし、結婚して家庭をつくることが出来た。
ほとんどアフィリで得た金でだ。

ただ、前から言っているように最近はもうアフィリだけで生活するのが苦しくなってきた。
自分にはアフィリしかないと思い、挽回しようと頑張ってきたが、力尽きた。
ただ、精一杯やった。もう、自分にできることはない。

3月の半ばに大きなグーグル変動があった。
その時点ですでにアフィリは辞めていたので、そんなショックは受けなかったが、やっぱり自分のサイトも影響を受けた。
ホワイトで作ったサイトもアクセスが半減した。
正直、グーグルには愛想が尽きた。こんな状況ではアフィリはもう無理ゲー。
仮に2月で辞める決断をしなくても、この変動で決断しただろう。

この変動で大きく売り上げを下げたアフィリエイターも多いようだ。廃業する人も出たと思う。それでも再び立ち上がりアフィリエイトを続けていく人を心から応援してます。本当に強い人だと思います。
俺みたいな人が脱落していけば、残った人のパイは大きくなるだろうし、売り上げは意外にすぐ復活するかもしれない。最後まで頑張って欲しいです。

今後だが、このサイトのようないくつかある趣味ブログはぼちぼち更新するけど、ガチのアフィリサイトはもう作らない。

やっとこれでグーグル検索エンジンと縁が切れる。もう振り回されることもない。せいせいする。

さよならアフィリエイト。
さよならグーグル。

こんにちは転売

アフィリエイトを辞めて何を始めたかというと転売。
まあ、アフィリエイトとならんで、個人ビジネスのド定番である。

目新しさはなく、今更感はあるが、いつかこうなる気がしていた。

だから2012年に会社を設立したときに、約款に広告業だけではなく販売についても一応書いておいた。やっぱりそうなった。

嫁は激怒した。思いっきりなじられた。
嫁はIT技術者になれと命令してきたが、興味もないし、今更初心者の40代のおっさんを雇ってくれる会社もないだろう。
やるとしたら最低時給レベルのバイトか、個人ビジネスしかないのだ。

結局、嫁の意見は突っぱねて転売をやっているが、冷たい目で見られている。そしてことあるごとにディスられている。

まあ、嫁の気持ちもわからんではない。
転売といって良いイメージを持つ人はほとんどいないだろう。チケット転売などでは世間の怒りを買っているし、アフィリ以上に胡散臭い商売だと思われているだろう。
夫が転売屋になると言ったら、やっぱり反対する人が多いんじゃないだろうか。

しかし、結果が出れば話は別だ。
稼げるようになったらきっと分かってくれると思う。
だから、嫁から何を言われても、反論はしていない。全て結果で示すのみ。

それで、現状であるが、もう売り上げが発生している。

3月初めから準備し、3月中旬から実行し、3月末には売り上げが発生した。
売り上げ金額ー仕入れ金額=8千円ぐらいである。

アフィリなんぞ、初売り上げが発生したのは3ヶ月後、数千円レベルの売り上げが発生したのは9ヶ月後ぐらいである。
一方、転売ならその月から。
圧倒的初速である。

現在、すでに数十万円分ぐらい仕入れに使っているし、4月は数万円レベルの利益が出ると思われる。

目標は年内に利益月30万円。
しばらくはアフィリからの収入も続くはずだが、近い将来には転売だけで生活できるようになりたい。

転売の作業は基本的に楽しい。覚えることも多いが、何をするのも新鮮でわくわくする。
そういえば、アフィリを始めた頃もこんな感じだった気がする。面倒くさい作業も全然つらくない。何時間やっても疲れない。

そして、状況は少し違うが、背水の陣なのもアフィリを始めた時と同じ。
今は妻子がいるし、失敗は許されないのだ。

なんとなく成功する予感はあるが、気になるのがアマゾンの動向。
基本、アマゾンFBAで販売しているのだが、アマゾンには規約の変更などで振り回されそうな気がする。
せっかくグーグルから解放されたのに、今度はアマゾンに囚われるとかやめてほしい。

さよならグーグル、よろしくアマゾン。



2月のこと、家を閉め出された、サイト作り挫折

1人株式会社社長日記

2月の売り上げは1月より10%ほど上がった。
また、前年同月よりも多く、3年ぐらい続いている下げは一旦止まったのではないかと思う。

ただ、1日の売り上げ(発生)の変動は大きい。
1日2千円ぐらいしか売り上げがないと凹む、悩む、酒の量が増える。
反面、報酬1万円の商品が売れると、もうその日はその時点で遊びに行きたい気分になる(行かないけど)。

売り上げは回復傾向にあるので、3月はもっと気分が明るくなると期待する。

家を閉め出された

嫁は通常運転。
2月の中旬、些細なことでブチ切れて、子供を保育園に送った時に、内鍵を閉められた。家に入れない。
スマホは持ってるが、PCがないので仕事はできない。
2月なので寒い。お金もないのでネットカフェにも行けない。
困ったので、しかたなく隣市に住む父のところに自転車で行って、3千円借りた。
いい年して親に金借りに行くとか、この一年で最もかっこ悪い瞬間だった。

その金でネットカフェに行って漫画読んでた。
もう家には帰りたくなかった。
中年のおっさんだが、家出少年みたいな心境だった。
しかし、娘のことが心配なので、保育園のお迎えの時間に家に戻ったら嫁が外出しているみたいで家に入れた。

嫁が帰ってきて、案の定、罵詈雑言の嵐をぶつけられた。
文字にするのも憚られる汚い言葉を近所に聞こえるぐらいの大声で絶叫している。狂っているとかいうレベルじゃなくて、もう人間じゃなくなっていると思う。悪魔か何かが憑依しているとしか思えない。

結局3日ぐらいで嵐は収まった。
その期間仕事がストップした。
嫁は俺の業績不振をなじるが、お前が一番足を引っ張ってるんだよ。
本当にこいつは人の労力と時間を奪う。一体、何の目的でこの世に生まれてきたのか、神に聞いてみたい。

サイト作りに挫折

2月に新サイトを作り始めた。
あるジャンルに特化したブログなのだが、もう失敗はできないと並々ならぬ覚悟で始めた。
12記事、一生懸命書いたが、アクセスがなさ過ぎて早くも心が折れた。。
まだ1ヶ月も経ってないし、エイジングフィルターもあるのかもしれないが、現段階で次の記事を書く気になれない。
本来なら1年、いや少なくとも3ヶ月は継続すべきなんだろうか、失敗できないというプレッシャーから、前に進めなくなった。
失敗したら3ヶ月まるまる遊んでいたことになる。今の自分にその余裕はない。

てか、サイトを作り始めるときの覚悟が足らなかったんだろうな。
あー、8年やってるけど初心者みたいだ。情けない。

今はサイト作りをすこしお休みして、アフィリと関係ない別の作業をしている。
新しいことをするのは楽しいけど、金になるかは分からない。
結局、どこに行っても苦労からは逃げられないと思う。
本当に貧乏って嫌だ。
金持ちになりたいとまでは思わないが、金のことで悩みたくない。
金の心配に加えて、嫁の妨害もあるので、もう毎日がいっぱいいっぱいだよ。



1月のこと、同窓会ではダントツ底辺

1人株式会社社長日記

1月の売り上げは12月に比べて2割ほどダウンした。
しかし、発生は悪くなく、2月は回復すると思われる。

同窓会ではダントツ底辺

12月の末に、高校の同窓会に行ってきた。
同窓会に行くのは20年ぶり。
高校の時はあまり友人も多くなかったし、行っても楽しくないかな、と若い頃は思って敬遠していた。
しかし、歳を重ね、いい感じに悩まなくなってきたので、軽い気持ちで行ってみた。酒も飲めるしね。

当時、ほとんど話したことがなかったクラスメートに「久しぶり、今何してる?」とか話しかける。
こいつ誰?とばかりによそよそしくあしらわれた。まあ当然だわな笑。
それにしても、若い頃なら仲の良かった奴にしか話しかけなかっただろうに、俺のコミュ力もかなり向上した。そして冷たくされても自分の中で笑えるメンタル。
卒業して20年以上経ったが、確かに自分は成長したと実感し、気分が良かった。

かつてのクラスメートは偉くなっている奴が多かった。
医者、大企業の社員、そして起業家として成功した奴。
わかっちゃいたけど、俺がダントツで底辺だった。
「俺の給料月9万円だから!」
とぶっちゃけたら、みな掛ける言葉が見当たらないのか困惑していた。

かつて机を並べて勉強した友に大きな差をつけられ、悔しい気持ちはないわけじゃない。
しかし、俺はこんな風にしか生きられない男なんだ、という諦念があるので、仕方ないという思いのほうが強い。

クラスで一番仲良しだった友は医者になって現在年収2700万円だそうで、税金を鬼のように取られると嘆いていた。
対して俺は所得が低すぎて所得税ほぼ0円、羨ましーだろ、と返した。
まあ、マウンティングは俺の勝ちっていうことで笑。

ひとしきり、目に付いた人と話をした後は、一人で酒飲みながら、立派になった級友たちを眺めていた。
座っているだけでは、ほとんど誰も、俺に話しかけてこなかった。
それが俺の高校時代を物語っていた。

まー、俺は酒さえ飲めれば十分なんだけどな、と心の中で強がるが、やっぱもうちょっと高校時代は級友と交流を深めるべきだったと反省。来世の教訓にしようと思った。

後日、同窓会では話せなかった起業家として成功した級友が、俺と仲良しの年収2700万円の医者と近所だった縁があって、俺もその起業家と連絡を取ることになった。

彼もアフィリエイト業界にいたことがあって、現在は広告主側の人間だった。年収1億円プレーヤーで、スーパーカー5台、家を4軒持ってるという怪物になっていた。
彼は俺に仕事をくれようとしたが、残念ながら俺の手には負えない仕事で、断らざるを得なかった。ちゃんと技術を磨いていれば得られたチャンスを逃してしまった。これは悔しかった。
ただ、手を差し伸べてくれたことは嬉しかった。聞けば、医者の友が俺のことを心配してくれていて、それを起業家の友に話してくれていたらしい。
俺の人生も捨てたもんじゃないなと思った。

にしても、行ってみるもんだね、同窓会。
昔のことも思い出せたし、頑張って成功した友から刺激も受けた。
あまり楽しくなかった高校時代だったけど、あれはあれで意味があったのかなとも思えた。

そして、ぼっちでも平然としていられるメンタル、仲良くなかった級友にさも親しげに話しかけられる謎のコミュ力。
自分の成長を感じることもできて良かった。



12月のこと、2018年の振り返り

1人株式会社社長日記

12月の売り上げは意外にも11月に比べて2割程度UPした。低水準での話ではあるが、最後に少し明るくなってよかった。
なんとか2019年もこれで飯が食えたらなあと思う。

思い返せば、2017年末の検索エンジンの変動(健康アップデート)で壊滅的被害を受け、2018年1月の売り上げは20万円余りと法人化以来最低を記録した。
2月にはさらに最低を更新。
もう終わりかと思った。

しかし、これまで培った小手先のスキルを駆使して年央にかけて売り上げは回復。月50万円レベルまで戻した。
とはいえ、そういうセコい技は長続きしないのでそこから売り上げは減少をつづけ、11月には再び最低レベルまで落ちた。
にもかかわらず、懲りずにセコ技をやり続け、2割ほど売り上げを回復させたのがこの12月。

決して売り上げの良かった年ではなかったが、今年はなんちゃらアップデートの被害もなかったし、ペナったサイトも少なかった。
そういう意味では意外に平和な一年だったかもしれない。
とはいえ、状況を一変させるような成功サイトを出すことはできなかったのは残念。2018年もそれなりに頑張ってサイト作りに注力したのだが、今年の最大のヒット作は月5万円ほどのペラサイト。200ページ以上あるサイトも作ったが、売り上げは2万円ほど。ペラに負けるとは情けない限り。
本当に、年々この仕事は難しくなってくる。てか、自分的にはもう無理ゲー化している。

しかし、生き残る、という点では2019年もなんとかなるのではないかと思う。
予想外のことが起きなければ、2019年も2018年に近い売り上げになるのではないだろうか。

ただ、その先の展望は全く開けない。
このままだと遠からず詰むだろう。
一時しのぎではなく、根本的に収入を増やすべく、変革が必要となってくるが、それを2019年には固めておく必要があるだろう。

嫁は相変わらず。
メンタルクリニックへ行ってくれと何度も懇願しているが、行ってくれない。
嫁は親と不仲で兄弟もおらず友人すらいない。
嫁に影響出来る人が皆無なので、手の打ちようがない。
もし、嫁が単なる知人であっても、事情を知ればメンタルクリニックへ行くように強く勧めるだろう。それぐらい悪い。
2019年もこいつに振り回される1年になることは間違いない。

2019年の良いニュースは、役員報酬を激下げしたので所得税がほぼ0円、住民税は年5千円、社会保険料も2万6千円程度になること。
4月から娘の保育料の月5万円がなくなること。
これで月々の支出が10万円ほど減る。
売り上げはなかなか増えないが、支出を減らしてできるだけ長く生き延びたい。



ページの先頭へ